FC2ブログ

記事一覧

知覧特攻平和会館

IMG_3873_convert_20180815213150.jpg
鹿児島に行くことが決まり ここだけは どうしても行きたかった・・・・・・
ただ 飛行機が大好きで 不時着し海底から引きあげられた零戦が見れる そんな気持ちで行きましたが 
帰りは涙を堪えるのに必死でした。

第二次世界大戦末期 娘と同じ年頃の若者が 帰りの燃料もない爆装した飛行機に乗り敵地に飛び立った・・・・・
彼らの遺影や遺品が沢山展示されていましたが 出撃前夜に書かれた遺書は 三通読んで もう読めなくなりました。
私に息子は居ませんが 娘と同じ年月 20年間育てた我が子の遺書を 母親はどの様な心境で読んだのかと思うと・・・・・

特攻兵の銅像に刻まれた「生もなく 死もなく すでに我もない」 命の儚さと力強さを感じ この場所を後にしました。
IMG_3874_convert_20180815213210.jpg
外からゼロ戦 撮影しました。

今 外は暑いですが 室内は快適な温度にエアコンで設定され ブログを書きながら 冷えた飲み物を頂き
ダイエットで空腹を我慢することはあっても 食物に飢えたことはない
欲しいものは ある程度は手に入り 毎月気の合う友人と美味しい食事も楽しんでいます。
細々とですが 店を持たせてもらい 経営を11年続けられています。
勿論苦労はありますが それが何なのでしょう・・・・・
私は とても幸せです。

彼らが生きれなかった 明日 未来を 今 私は生きています。
彼らに恥じぬ様 今ある幸せに感謝し 日々を大切に生きて行こうと強く思った場所でした。
IMG_3877_convert_20180815213246.jpg
この三角兵舎の中で 遺書を書いたそうです。
何人の若者が寝泊まりしていたのか 分かりませんが 暗く 狭く それだけで悲しくなります。
遺書を書いた翌日 布団は涙で濡れていたと・・・・・・・・

遺書 号泣しそうで読めなかったのですが 自宅でゆっくり読んでみたい・・・・・
鹿児島旅行後 実家に帰って 父にそんな話をしていると 知覧特攻平和会館 父死ぬまでに行きたかった所だったそうです。
驚いたのが 遺書を本にされたものがあり 父持っていたそうです。
絶対読むべきだと 人に貸したけど返って来ないそうです 昔の話だと。
父らしい・・・・・

インスタ←宜しければ こちらから どうぞ。




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント